ungrid

INFO

Ungridチーフデザイナーが語る、新作デニム。

2020.11.29

 

 

’21 春、特別な想いを込めて造った1本のデニム

「ヴィンテージストレートデニム」。

 

このデニムが生まれた背景やこだわりのポイントを

Ungridチーフデザイナーに独占インタビュー。

/Interview :

Ungrid Chief Designer

Yuka Nishibu

 

/edit&text : Ungrid Press

Ungrid Press(以下Press) :

来年の1月発売する「ヴィンテージストレートデニム」ですが、このデニムを造ろうとしたきっかけは何ですか?

 

Ungrid Designer(以下Designer) :

Ungridでは定期的に販売スタッフから現場の声を届けてもらうべく販売スタッフチームと企画チームでミーティングを設けています。
その中で”お客様は今こんなデニムを求めています!”や”こんなデニムがあったらお客様に喜んで頂けそうです!”という意見の中で「ストレートシルエットのデニム」というのキーワードがすごく多くあがってきました。
詳細を聞くと、”細すぎず太すぎず何にでも合わせられるデニム”とのこと。
とても難易度が高い声でしたが、だからこそたくさんのお客様が待っているかもしれない。と思いデザインを始めました。

 

 

Press :

店舗での多くの声を再現したデニムなんですね。特に拘った点はどこですか?

 

 

Designer :

まさに「細すぎず太すぎず何にでも合わせられるデニム」です。
デニムを穿いて脚をきれいに見せたい、スタイルを良く見せたいというベースも考慮しながらシルエットにとにかく拘りました。
脚の形が出すぎないように、腰回りも包み込むようなハイライズで程よくフィットするシルエットに。
デニム単体だけで見ずに、丈の長いトップス、短いトップスを着た時のバランス、フラットシューズを履いた時、ブーツを履いた時、あらゆる場合を想定して何度も検証を行いました。

 

 

Press :

理想のシルエットに完成するまでに大変な工程があったんですね。他に苦労したことはありますか?

 

 

Designer :

身長・体型がバラバラのお客様を想定してサイジングやシルエットを造り込んでいったところです。
身長が高い方、低い方、腰が張っている方、そうでない方、、、人それぞれ体型は違います。
同じ身長だから同じ脚の長さでもありませんし、骨格も全然違います。
その中でより多くの方に穿いて頂けるように、いろんなスタッフに実際に穿いてもらい造り上げていきました。

カラーにもかなり時間をかけました。このデニムのカラーは中色と淡色の間のブルーで仕上げています。シーズン問わず穿いていただきたい思いで、このカラーに落とし込みました。
あとはUngridのどのデニムにも共通しているのが女性が穿くことを意識することです。アイテムがメンズライクなので加工をガシガシ入れると必然的にかっこよく仕上がるのですが、あまりにもUSED感が強すぎると女性には抵抗があるかと思い調整しています。

その他にも、股部分に入る”ヒゲ”と呼ばれるシワの加工は立体感は意識しつつ、馴染ませるように。

太もも部分の削りは横に広がらないようになるべく縦長に。そうすることで脚が細く見える効果もあります。

全体的に黄身のトッピングは控え、クリーンな印象が残るように、、など。細かな部分にもかなり拘りました。

 

 

Press :

多くのお客様に穿いて頂けるような拘りが詰まっているんですね。

 

 

Designer :

とにかくブランドとして自信作なので、より多くのお客様に体感して頂きたいです!
Ungridのデニムをすでに持っていただいている方も定番で着回しが効くのでオススメですし、まだ持っていない方も導入編としてまずはこのデニムをお試し頂きたいです!!

 

 

Press :

多くの方に穿いて頂きたいですね!このデニムのサイズ選びのポイントはありますか?

 

 

Designer :

Ungridのデニムをすでにお持ちの方は、お持ちのデニムと同じサイズをお選びいただいて問題ないかと思います。

WEBでご購入の際はご試着頂けないので不安な点も多いかと思いますが、まずはサイズ表のヒップの部分に注目です。

ウエスト部分は股上の高さが変わるとウエストに当たる位置が変わるので、比較が難しいと思います。

ヒップは図る場所が変わらないので、自身に合っているかどうか比較しやすいです。

このデニムは少しフィットするデザインなので腰張りさんは1サイズ上げて頂くと、よりきれいに穿いて頂けると思います。

 

 

私はデニムのシルエットと自身の体型には相性があると思っています。私自身もヒップを基準にサイズ選びをしているのですが、どんなにウエストがぴったりでも、ヒップに横ジワが入ってしまい窮屈に見えていたらスタイルを悪く見せてしまうと思うんです。

ヒップがきれいに見える状態で穿きこなせればウエストが多少大きくても腰でバランスも取れますし、むしろ華奢見えの効果もあります。丈が長くなってしまう場合は丈詰めを行えば自分サイズで穿いて頂けます。

いつも24サイズだからどのデニムも24サイズでOK!とはいかず、、。1サイズ上げた方がきれいに穿ける場合もあるので、是非ヒップを基準にサイズ選びを試して頂けたらと思います。

 

 

Press :

なるほど。私も参考にさせていただきます。

おすすめのスタイリングはありますか?

 

 

Designer :

何度も言ってしまいますが「細すぎず太すぎず何にでも合わせられるデニム」なのでどんなスタイリングも合わせやすいと思います!
今の時期は厚手のコートも着ると思いますが、このデニムなら程よく細身なのですっきりと見せられると思います。
もう少し暖かくなってきたらボリュームシルエットのブラウスなんかも良く合うと思います。
トップスに重心を持ってくることでデニムのストレートシルエットも強調されますし、スタイルも良く見えると思います。

 

 

Press :

定番だからこそ、1年通して愛用できそうですね。

ありがとうございました!最後に一言お願いします。

 

 

Designer :

 

デニムは元をたどればメンズアイテムですが、女性が穿きこなす姿はとても魅力的です。

”デニム”といってもシルエット、加工、サイジングで雰囲気も変わりますし、1週間のうちに何日も登場してしまう程、簡単にスタイリングが決まるので私自身も大好きなアイテムです。

そんなデニムはブランドアイコンでもありデニムの制作には特に力を入れてきました。デニムが大好きだからこそ、たくさんの方にその魅力を共有したい、、と思い、日々たくさんの過去資料をあさり、古着を購入して穿いてみたり、解体して研究してみたり、ついにはオリジナルの生地を造ったり!

たくさん見て感じてきたからこそ、提案できるデニムを作りたい。と毎度思いながらデザインさせて頂いています。

今回のデニムも本当に自信作に仕上がっていていますので、是非みなさまに手にとって頂けたら嬉しいです。

Vintage straight Denim

Price : ¥17,500(tax in)

Color : BLU

Size : 24/ 25 /26

Releace : 2021 , January